食事とアルコール

アルコールは、
私たちの生活にとって無くてはならないものと言っても過言ではありません。

そんなアルコールですが、お腹が空の状態での飲酒は酔いが回りやすく危険です。
アルコールは食事と一緒に飲むことが基本になっていますが、
そこには重要な理由があったのです。

また、お酒と相性の酔い食材などもあります。

おつまみとして相性が良いのは、
基本的に低カロリー高タンパクなものです。

アルコールの分解には肝臓に負担がかかりますので、
肝臓の働きを活発にする働きのあるタンパク質が有効というわけです。

チーズなどがこれに当たります。
お刺身などもそうですが、やはり居酒屋の定番メニューの基本は
相性の良さにあるのかもしれませんね。

では最も親しまれている揚げ物との相性はどうなのでしょうか。

かなりの確率でお酒の席で出されるし食べたくなる揚げ物ですが、
残念ながらお酒との相性は悪いようです。

揚げ物の最大の特徴は加熱した油が豊富に含まれており高カロリーだという点です。

これらの特徴は、肝臓に負担をかけると知られており、
アルコール分解と同様、ダブルで負担をかけることになります。

肝臓へ負担をかけ過ぎると、疲れが取れにくくなり、
翌日から元気のない生活が始まります。

copyright(C)さらばEDのひかり