起こる勃起

勃起は、ペニスの内部に血液が充満することで起こります。

ペニスの内部には「海綿体」というものがあります。

海綿体とは、糸のように細かい血管が集まっているスポンジ状の組織です。
性的な刺激により興奮すると、海綿体に血液がドっと流れ込みます。

これにより海綿体がスポンジのように膨らみ勃起するのです。

近年では、EDの男性が増加傾向にありますが、
その原因のほとんどがこの血液です。
血流が悪くなると、ペニスにも流れにくくなりますので、
勃起不全、又は勃起に時間がかかるなどの障害が出るのです。

血流の悪くなる原因として、
喫煙とオフィスワークが考えられます。

たばこは、ニコチンという成分によって血管が収縮させられます。
それはニコチンが純粋に毒だからです。
毒を体中に巡らせたくないと血管を収縮させます。
そしてそれによりもちろん血流が悪くなるのです。

次にオフィスワークですが、イスに座り続ける体勢での長時間の作業は、

全身の血液を滞らせます。
ですので、定期的に立ちあがり屈伸などの運動をすることで、
血流が良くなりますので、適度に行いましょう。

他にも偏った食生活など、
生活習慣が原因でのED発症はめずらしくなくなりましたので、
もし違和感を感じている方は積極的に改善していきましょう。

copyright(C)さらばEDのひかり